*
  登り口の段戸湖
  2008.05.30山行

1 出来山(できやま)の概要
  出来山(標高:1052.4m)は、愛知県設楽町と豊田市の境界に位置しており、段戸山塊の一角をなす一等三角点の山です。登り口から山頂までの標高差も少なく、穏やかな山容です。また、コースには東海自然歩道も通っており、裏谷原生林もあります。山頂やコース上からの眺望はありません。
  当サイトは、山頂の南東の登山口から登るコースを紹介しています。途中、踏み跡の無いヤブコギがありますのでコンパスと地形図が必要です。ヤブコギをしたくない時は、牛渡橋を渡らず西へ直進します。林道が山頂まで延びています。


    
40枚の写真をスライドショウします。
 (外部サイト)
 




2 コースの内容
(1)登り口まで
  車でのアクセスが便利です。豊川ICから国道151号、県道32号、国道257号、県道33号で1時間40分程です。駐車場は、段戸湖の横にあり、登り口は、林道の入口です。


(2)登り口〜山頂〜登り口
  登り口から林道を10分程進みますとゲートに着きます。ゲートの脇を通り、さらに10分程歩き右折すると五六橋に着きます。五六橋を渡り5分程で東海自然歩道分岐の案内標識があります。直進して20分程で栃洞林道の分岐1に着きます。さらに直進して12、3分で無名の橋に着きます。そして直に牛渡橋の北に出ます。左折して牛渡橋を渡り林道を進みます。林道を20分程歩きますと谷側にカーブミラーがあり、山側に「林班界標8086」の杭がある登山口1に着きます。緩い登りで始まる登山道は直に踏み跡がありますヤブコギで10分程登ると山道の交差箇所に着きます。直進して小ピーク付近は踏み跡もないヤブコギになります。コンパスで方向確認をして進みますと尾根の山開きに出ます。右折して尾根沿いの踏み跡を進みますと舗装された林道に出ます。登山口1から40分程です。左折して5分程歩きますと「KDDI管理地」の看板がある広場前に出ます。広場の手前の登山口2から進むと直に山頂です。出来山一等三角点の標石がありますが眺望はありません。
  帰路は、舗装された林道を下ります。15分程で分岐2に着きます。右折して舗装されていない林道をさらに15分程下がると牛渡橋の横に出ます。以降は、往路を戻ります。

                                                 3D画像
・コースの縦断図
・コースの写真一覧
    図1 拡大地図
この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図200000(地図画像)、25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである。(承認番号 平19総使、第319号)

                                                               このページのトップへ
無名の橋 牛渡橋 登山口1 山道交差 ヤブコギ 尾根開き 林道出合 登山口2 山頂 分岐2 登り口 ゲート 五六橋 東海自然歩道分岐 分岐1 無名の橋 牛渡橋 登山口1 山道交差 ヤブコギ 尾根開き 林道出合 登山口2 山頂 分岐2