*
尾根上のコブ
から山頂を望む
2007.09.17山行
2017.03.12山行

1 段戸山(だんどさん)の概要 
  段戸山(標高:1152.3m)は、愛知県の東部、設楽町にあり、山容はゆったりと大きく、山麓には黒田湖、段戸山牧場が広がり、この地方を代表する山です。登山は多方面から登られていますが当サイトでは駒ケ原登山口からの往復ルートを紹介しています。段戸山は鷹ノ巣山とも呼称されています。

 2017.3.12の記録はヤマレコでご覧ください。
9枚の写真をスライドショウ
    
ヤマレコへリンクします。 (外部サイト)



2 コースの内容
(1)登り口まで
  車でのアクセスが便利です。豊川ICから国道151号(別所街道)と国道257号で1時間40分程で着きます。道の駅「アグリステーションなぐら」から1.7km程行った「名倉橋」を「駒ヶ原山荘」を目指して左折します。2.5km程で駒ヶ原山荘前に着きます右折して200m程のところに駐車スペースがあります。
 登山ルートは、駒ヶ原ルート、駒ヶ原林道ルート、裏谷ルートの3ルートがありまが、当サイトは、駐車が可能な駒ヶ原ルートを紹介しています。

(2)登り口〜山頂
  駐車スペースから流れる黒田川を西方へ150m程歩くと駒ヶ原橋があります。この橋を渡った左側に登り口があります。入口付近は、やや急な登りでありますが、木の根が階段状になっており、尾根道を南へ向かって歩きます。途中、樹林越しに北西方向に黒田湖、集落等が見えます。
 頂上に近づくにつれて自然林になり、笹に囲まれた道が平坦になってくると山頂です。段戸山1二等三角点があります。山頂の展望は、小生が登った時は雑木が背丈以上に伸びており展望はありませんでした。雑木がなければ、中央アルプスから南アルプス南部まで見わたすことができるとのことでした。

                                                 3D画像
・コースの縦断図
・コースの写真一覧
この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図200000(地図画像)、25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである。(承認番号 平19総使、第319号)

                                                               このページのトップへ
登り口 山頂 山頂を望む