*
  山道からの眺望
  2008.6.16山行

1 中当城ケ山(なかとうじょうがやま)の概要
  中当城ケ山(標高:918m)は、豊田市稲武町の南、中当地区に位置しています。山頂からの眺望はありません。林道大林線は、途中から道路が荒れており、4WD車なら登山口まで行けますが、普通車では困難です。当サイトは、駐車スペースのある林道途中を登り口として紹介しています。


    
19枚の写真をスライドショウします。
 (外部サイト)
 




2 コースの内容
(1)登り口まで
  車でのアクセスが便利です。豊川ICから国道151号、国道257号、林道大林線で1時間40分程です。国道257号から林道大林線に入ると直にイノシシ防護用のゲートに着きます。ゲートが閉じている時は、開いて入り、また閉めて進みます。しばらく進むと荒れた林道になります。少し進むと林道が分岐するところに着きます。ここを登り口とします。駐車スペースは分岐箇所です。なお4WD車なら登山口まで行けます。また、林道も途中から舗装道路となります。


(2)登り口〜山頂
  登り口から荒れた林道を進みます。途中から林道は舗装されています。20分程歩きますと登山口に着きます。登山口は林道終点の北側にあります。登山口道標は笹で見にくいです。登山口から直に分岐に出ますが、笹が生い茂り道標の向きも分かりにくいですが左方に進み(直進すると沢沿いの登りとなり、途中から踏み跡が無くなります)、直に左折の道標があります。急斜面の登りとなりますが要所には道標や赤テープの目印もあり、踏み跡も付いています。登山口から40分程で山頂です。眺望はありません。
  帰路は、往路を戻ります。

                                                 3D画像
・コースの縦断図
・コースの写真一覧
この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図200000(地図画像)、25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである。(承認番号 平19総使、第319号)

                                                               このページのトップへ
登り口 林道路面 登山口 分岐 道標 山頂