*
茶臼山から望む萩太郎山
   2010.5.21山行

1 茶臼山(ちゃうすやま)・萩太郎山(はぎたろうやま)の概要 
  茶臼山(標高1,415.2m)は、愛知県の東部、豊根村の茶臼山高原の一角にあり長野県との県境に位置し愛知県の最高峰の山です。奥三河名山八選の一つで、近年はアウトドァ・フィールドとして四季を通じてにぎわいを見せています。
  萩太郎山は、茶臼山に次いで県内標高第2位(1,358.1m)の山で、県下で唯一スキー場があります。
  両山とも夏でも涼風があり、標高差も166mで、登山道も整備されており手軽に山歩きできますが、冬期は、突然の積雪に見舞われる可能性がありますので完全装備が望まれます。
  また、茶臼山高原に芝桜が植えられ(平成19年度から植栽され、平成24年春までに40万株、22,000u)、芝桜まつり期間は大勢の人が訪れています。
  当サイトは、芝桜まつり期間中に半日程度で、シャトルバスとリフトを使用して周回するコースを紹介しています。

 ・両山を山歩きするコースは、こちらのページへ




 
60枚の写真をスライドショウ
 


(1)登り口まで
  車でのアクセスが唯一の交通機関です。豊川ICから国道151号(別所街道)と県道506号で約1時間50分で茶臼山高原に着きます。茶臼山へは、第四駐車場からの西側登山ルートです。芝桜まつり期間中は、道路が混雑しますので注意が必要です。


(2)登り口〜茶臼山山頂〜第7駐車場
  第4駐車場の西の登り口から茶臼山を目指します。5分程歩きますと自由の広場に着きます。萩太郎山方向を振り返ると芝桜の山肌が眺望できます。さらに5分程歩きますと西側登山口に着きます。山道1山道2を15分程歩きますと茶臼山山頂です。登り口から25分程です。山頂には茶臼山二等三角点と展望台があり、展望台から眺望1(春から初夏にかけては雪をかぶった南アルプスを望むことができます。)があります。
  北西へ尾根沿いに歩きますと直ぐに鉄製の展望台に着きます。360度のパノラマの眺望2があります。西へ5分程下りますと雷岩があります。南へ山道を下ります。途中に、雨乞い洞夫婦椹があります。茶臼山山頂から20分程で分岐に着きます。左方向に第7駐車場を目指します。の横を通り12、3分で第7駐車場に着きます。
(シャトルバスが運行していない時は、分岐で右方向に歩き、少し歩きますと休暇村登山ルートに出合ますのでリフト乗り場を目指して歩きます。)
  第7駐車場からシャトルバスで5分程で第2駐車場に着きます。リフト乗り場まで5分程散策路を歩きます。リフトを10分程乗りますと萩太郎山山頂です。山頂には、萩太郎四等三角点があります。山頂の北西の山肌に芝桜が植栽されています。15〜20分程芝桜の丘を散策してリフトで10分程で戻り、5分程で登り口に戻ります。

   茶臼山展望台の眺望  芝桜の丘
                                                 3D画像
・コースの縦断図
・コースの写真一覧
この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図200000(地図画像)、25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである。(承認番号 平19総使、第319号)

                                                               このページのトップへ
登り口 自由の広場 自由の広場から振り返る 西側登山口 山道1 山道2 茶臼山山頂 眺望1 展望台 眺望2 雷岩 雨乞い洞 夫婦椹 分岐 池 第7駐車場 第1リフト乗り場 萩太郎山山頂 芝桜の丘 数珠繋ぎの車