*
  尾根道からの眺望
   2008.04.12山行

1 雨乞山(あまごいやま)の概要
  雨乞山(標高:230m)は、田原市の渥美半島のほぼ先端に位置し、大山の北に対峙しています。昔は、雨乞い儀式が行われた神聖な山で山頂からの眺望は素晴らしいです。
 当サイトは、石神登山口からの山歩きを紹介していますが、途中、眺望や岩場もあり低い山ですが山歩き甲斐のある山です。

 ミハリ山から南への高処、泉福寺へはこちらのページを参照下さい。

    
19枚の写真をスライドショウします。
 (外部サイト)
 




2 コースの内容
(1)登り口まで
  車でのアクセスが便利です。豊川ICか国道151号、国道1号、国道259号で1時間5分程です。石神から登り口までは細い道を進みますが、登り口のところに黄色の伊川津揚水機場の建物があります。車は邪魔にならない道端に止めます。



(2)登り口〜山頂
  登り口から急登りします。12分程で眺望1に、山道を歩き、さらに5分程で眺望2に、さらに5分程で眺望3に着きます。10分程歩きますと雨乞神社への分岐に着きます。右折して直に岩陰に雨乞神社の祠が祀られています。分岐に戻って歩きますと5分程で岩場の尾根を登ります。登り切ると山頂です。登り口から40分程です。山頂からの眺望は素晴らしいです。
 山頂から尾根沿いに南に行きますと20分程でミハリ山に着きます。ここからは、大山が間近に眺望できます。帰路は、往路を戻ります。

                                                 3D画像
・コースの縦断図
・コースの写真一覧
この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図200000(地図画像)、25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである。(承認番号 平19総使、第319号)

                                                               このページのトップへ
登り口 山道 急登り 眺望1 眺望2 眺望3 分岐 雨乞神社 尾根岩 山頂 眺望4 眺望5